サプライズ…続き

正直、その瞬間は、何も言えませんでした。

 

ありがとう、とも、なんでわたしに相談せずにしたの!とも

 

100パーセントの善意の前で、わたしは冷静に自分と向き合っていました。

 

この子のこの先20年、責任持てますか?

不安がありながらも、きなこ(日本にいる愛猫)ともども愛することができますか?

そもそも、きなこが帰ってくる際、子猫がいたら問題にならないのか?など

 

連休中だったので、一緒に過ごしながら考えました。

 

答えはノー。

 

やっぱり、身分不相応が過ぎます。

 

きなこは、普通は飼うことが許されない猫でしたが、わたしの実家の存在が、普通の実家の存在よりもかなり安定したもので、つまり、何十年も代々そこにある実家であり、動物は犬も含め猫もいつもいるのが自然でしたし、家族全員、動物好きでもあります。

 

そんな背景があり、普通ならしない海外で猫を飼うという荒業をしたわけです。一応自覚はあるのです。

 

しかし

2匹は意味が変わってきます。

 

きなこだけでも、狂犬病注射、避妊手術、パスポートの申請、健康診断など、すごく大変でしたし、なんせ、わたしの生活が安定していないことで振り回され、今日本にいるきなこがかわいそうで心が痛みます。

 

それなのに、2匹を飼うというのは、簡単に言うと、救いようのない馬鹿。

さすがに自分に呆れます。

 

決断したわたしは彼に伝え、飼い主さんに戻すこと決めました。

 

 

ここまではいいのです。

 

上記に平行して、たまたま、子猫にノミがいる気がしたので、獣医さんも受診しました。

 

そこで言われたことが、飼い主さんが言っていたことといくつか違ったため、わたしたちの中に不信が残りました。

 

1つは、男の子だと言っていたが、女の子だったこと

2つは、純血のノルウェーキャットだと言っていたが、そうは見えず、ヨーロピアンの混血ではないかとの疑い

 

上記の不信点をぶつけるべく、飼い主さんに電話する旦那くん。

 

 

長くなってきたので、また区切ります。

 

 

サプライズ…

リサイタルも無事終わり、ミラノに戻ってきました。

 

久しぶりの旦那くん?

 

和やかな再会を楽しんでいると

 

旦那くん「さちさち、ここの下見てみて?』

わたし「えー、カメムシー?いやだなー」

カメムシ事件についてはまた記事にします。

 

覗いてみると、、、

 

f:id:bellavita1211sacinya:20161105174230j:image

 

?

 

 

は?

 

 

?

 

 

はああああああああ???

 

 

子猫がいる!!!!?????

 

 

旦那くん『純血のノルウェーキャットなんだって』

 

 

わたし「そうなんだ〜」

 

 

て、か、飼う気か?!?

 

どうやら、わたしが2匹飼いがしたいとた前から欲しがっていたし、 この一週間歌で落ち込んでいたので元気づけたくて、このサプライズを考えたのだと…

 

サプライズに…

猫…

 

 

 

続く…

 

 

 

リサイタルa Siracusa

2016, 10/31

ハロウィンの日に、全くハロウィンを意識していないプログラムでリサイタルを終えました。

ソプラノ 山田祥美

バリトン 伊藤祐介

ピアノ Alistar Sorley

 

プログラムは

 

①Me voglio fa 'na casa (G.Donizetti)

 

②Duetto di Conte e Susanna dal" Le nozze di Figaro"『フィガロの結婚』より伯爵とスザンナの二重唱

Crudel! Perché finora fammi languir così 

 

Aria di Conte 伯爵のアリア

Hai già vinta la causa!

 

Aria di Magda dal "La Rondine"

『ツバメ』よりマグダのアリア

Chi il bel sogno di Doretta potè indovinar?

 

⑤Internezzo della "Manon Lescaut" ( pianoforte)

『マノンレスコー』の間奏曲

 

⑥Poveretto (G.Verdi)

 

Aria di Lucia dalla "Lucia di Lammermoor"『ランメルモールのルチア』よりルチアのアリア

Regnava nel silenzio  

 

Aria di Macbeth dal "Macbeth"『マクベス』よりマクベスのアリア

Pietà, rispetto,amore

 

Aria di Nedda dalla "Pagliacci " 『道化師』よりネッダのアリア

Qual fiamma avea nel guardo

 

⑩Duetto di Silvio e Nedda シルヴィオとネッダの二重唱

Ma con la frusta 

 

(アンコール)

Duetto di Danilo e Hanna dalla "Merry Widow "

『メリーウィドー』よりダニロとハンナの二重唱

Tace il labbro

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

f:id:bellavita1211sacinya:20161104184959j:image

 

本番で感じたこと、見えたこと。これが全て。

 

いつもこの感覚をベースに持つように。

 

あぁ、本番は好きです。

 

 

 

 

 

 

 

明日はリサイタル

順調に準備を進めています!と書きたいところですが、ただいま絶賛迷想中です。

 

新婚生活、新居住地、自分だけの人生ではなくなった、、など、予想以上に身体は色々反応しているようで、特に最悪な影響を受けているのが、練習環境の変化だったようです。

 

我が家は大家からも、建物の管理者からも、決められた時間内であれば問題なく音出し可能と言われています。

 

しかし実際音出しをすると、となりの家の人に壁を叩かれて抗議されたんですね。。さらにちゃんとは聞き取れなかったのですが、◯◯◯◯◯ー!勘弁してくれー!とか叫ばれて…

 

練習はピアノのあるリビングでしていて、広く天井も高いので自然な響きがあって練習環境として好きなのですが、そのリビングと隣の家の間の壁がとても薄く、さらに隣の家のその部屋もリビングのようで、リラックスタイムを騒音によって壊されたくないのかまぁ抗議がすごくて、、、

 

それでもこちらも仕事ですから、声は出し続けるわけです。

そうするとだんだん諦めてくれ、壁を叩くのはもうなくなりました。が、テレビの音量をすごく上げたりと、音出しをよく思っていないのは明らか。。

 

そんな生活を1カ月続けていたせいか、声を抑制しだし、また自分の声が美しくない、嫌いだと感じるようになってしまいました。

自分の声は他人にとっては騒音なんだ、と。

 

またいまは壁越しですが、いつかチャイムを押されて、直接クレームが来るのではないかという怯え。

 

普通に練習しようとしても、やはり身体はこわばり、息のスピードも落ち、不安で迷うような歌い方になってしまいました。

 

 

1カ月半前、かなりいい方向で先生とレッスンを終えただけに、いまの違和感が心地悪くて、嫌悪もあり、、

 

こんな自分の中の異変に気付いたのはリサイタル3日前のレッスン中。

 

そこから上記の理由を絞り出し、なんとか軌道修正。

 

なんとか前日にはかなりリラックスできたところまで戻しました。

 

ふ〜。

 

訂正!太りました日記!!

今日先生宅の体重計借りたら、家の体重計が出した数字より5キロ少なかった!!

 

つまり!!

 

少し増えただけ❤️

 

 

ま、少しは鍛えて、体重減らします。

 

お腹周りに醜いのには変わりないので?

 

 

 

しかし、なんてやな体重計なんだ。

 

プラス5キロて。。

 

やらしい!、

約一月半ぶりのカターニア

やっぱりまだここは半袖で行けます笑

 

というか、タンクトップ笑

 

ミラノとカターニアの気候の違いを痛感!

 

さて、レッスンレッスン。

ある日曜日

さて、旦那を置いてシチリアへ行ってきます。

この一週間で再調整、確認、重唱の合わせなどをみっちりして、日曜日の本番に挑みます。

 

昨日の日曜日は、旦那くんがラザニアを作ってくれました(*´꒳`*)

 

旦那くんのラグーが大好きな私です。

 

f:id:bellavita1211sacinya:20161024152237j:image

 

コンソメとか使ってないのに、深いコクが出てて本当に不思議。おいしいんですょ╰(*´︶`*)╯♡

 

 

で、彼の友達の男子がティラミスを。

 

f:id:bellavita1211sacinya:20161024152414j:image

 

うまくできなかった。。とブツクサ言ってましたが、普通に美味しかった!!

 

写真にはないけど、この他に第二の皿として甘辛手羽先なんかも作ったので、昨夜は夕飯いらないくらいずっとお腹いっぱいでした。

 

 

と、はじめてゆっくり友人を自宅に招いた日曜日なのでした♡