読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サプライズ…続き

正直、その瞬間は、何も言えませんでした。

 

ありがとう、とも、なんでわたしに相談せずにしたの!とも

 

100パーセントの善意の前で、わたしは冷静に自分と向き合っていました。

 

この子のこの先20年、責任持てますか?

不安がありながらも、きなこ(日本にいる愛猫)ともども愛することができますか?

そもそも、きなこが帰ってくる際、子猫がいたら問題にならないのか?など

 

連休中だったので、一緒に過ごしながら考えました。

 

答えはノー。

 

やっぱり、身分不相応が過ぎます。

 

きなこは、普通は飼うことが許されない猫でしたが、わたしの実家の存在が、普通の実家の存在よりもかなり安定したもので、つまり、何十年も代々そこにある実家であり、動物は犬も含め猫もいつもいるのが自然でしたし、家族全員、動物好きでもあります。

 

そんな背景があり、普通ならしない海外で猫を飼うという荒業をしたわけです。一応自覚はあるのです。

 

しかし

2匹は意味が変わってきます。

 

きなこだけでも、狂犬病注射、避妊手術、パスポートの申請、健康診断など、すごく大変でしたし、なんせ、わたしの生活が安定していないことで振り回され、今日本にいるきなこがかわいそうで心が痛みます。

 

それなのに、2匹を飼うというのは、簡単に言うと、救いようのない馬鹿。

さすがに自分に呆れます。

 

決断したわたしは彼に伝え、飼い主さんに戻すこと決めました。

 

 

ここまではいいのです。

 

上記に平行して、たまたま、子猫にノミがいる気がしたので、獣医さんも受診しました。

 

そこで言われたことが、飼い主さんが言っていたことといくつか違ったため、わたしたちの中に不信が残りました。

 

1つは、男の子だと言っていたが、女の子だったこと

2つは、純血のノルウェーキャットだと言っていたが、そうは見えず、ヨーロピアンの混血ではないかとの疑い

 

上記の不信点をぶつけるべく、飼い主さんに電話する旦那くん。

 

 

長くなってきたので、また区切ります。